■はじめに

17LIVEにおけるバーチャル配信とは、アバターやオリジナルキャラクターを使っての配信のことを指しています。バーチャル配信は、顔を出さずにライブ配信できたり、好きなキャラクターになりきれるといった魅力のある、バーチャルとリアルを融合させた新しいエンターテイメントです。

この記事では、バーチャル配信に興味があるライバー(ライブ配信者)のために、バーチャル配信の魅力と、実際の配信方法について説明します。

以前はPCが必須でしたが、新機能のリリースによりスマホだけで配信できたり、自分のアバターを準備しなくても配信することが出来るようになっています。

「なんだか難しそう」と諦めていたあなたも、この記事を読んでバーチャル配信に挑戦してみましょう!

Live2Dファイル(2Dアバター)のアップロード方法

アプリからの場合

従来はOBSを使う必要があったバーチャル配信が、「Live2Dアップロード機能」を用いればアプリのみで行うことができます!

①Live2Dファイルを準備する
自分でイラストを描いてモデリングしたり、イラストやLive2Dファイルを発注できるサービスを用いて、Live2Dファイルを準備してください。
※Live2Dファイルをお持ちでない方でも、デフォルトで設定されているファイルを用いてお試しで配信することが可能です。
ファイル名が全て「英数字」になっていることをご確認ください。漢字やひらがななど、その他の書体が含まれている場合、アップロードエラーの原因になります。

②+ボタンを押す

③「V-LIVE」タブを押す

④右下のボタンより、バーチャル配信の設定を行う

⑤「モデル」タブの「追加」ボタンを押して、Live2Dファイルをアップロードする
※保存できるファイルは最大6つ(アプリから3つ、webから3つ)までです。それ以上アップロードしたい場合は、保存済みのファイルを削除してからアップロードしてください。削除する際は、そのファイルをアップロードしたプラットフォームから(アプリからアップロードした場合はアプリから、Webからアップロードした場合はWebから)ご対応ください。
※zipファイルが規定サイズを超えている場合、テクスチャのサイズを圧縮したり、内包ファイルの数を減らすなどでご対応ください。

※現在、17LIVE APPで使用しているCubism EditorはVer.4.2となります。そのため、Cubism Editor5.0以上で書き出されたファイルの場合、正常に読み込むことができず強制終了してしまう可能性がございます。お手数ですが、Cubism Editor4.2以下のバージョンにてファイルの書き出しをお願いいたします

ウェブサイトからの場合

Live2Dファイルをお持ちのPC内に保存している場合、PCから直接アップロードすることが出来ます。
※配信はアプリからのみ対応しています。アップロードしたモデルを用いて、webから配信を行うことは出来ませんのでご了承ください。

web版の17LIVEでログインし、「Live2Dアップロード」を選択

②PC内に保存されているLive2Dファイルをアップロード

※保存できるファイルは最大6つ(アプリから3つ、webから3つ)までです。それ以上アップロードしたい場合は、保存済みのファイルを削除してからアップロードしてください。削除する際は、そのファイルをアップロードしたプラットフォームから(アプリからアップロードした場合はアプリから、Webからアップロードした場合はWebから)ご対応ください。

Live2Dファイル(2Dアバター)を用いた配信方法

①「背景タブ」から、好きな背景を選択する

※2023年10月18日追記
背景タブでは、いくつかのデフォルト画像を選択することができます。
また左下の「追加」ボタンから、お好きな背景をアップロードして使用することができるようになりました。
アップロードした背景画像は、「削除」ボタンを用いて削除することも可能です。

※同時に保存できる画像は、最大10枚までです。
※推奨サイズは720 x 1280 pxです。

②「モーションタブ」から、モーションの整理を行う

Live2Dファイル製作時に事前に設定したモーションを、配信中に使いやすいようピン留めしたり順番を入れ替えることが出来ます。

※9/25追記
Live2Dファイルに表情データが含まれている場合、「モーションタブ」より設定が可能になりました。
表情は、ボタン押下から5秒間発動します。

③モデルの位置を調整する

設定画面を開いている間、モデルを1本指で動かすと位置を調整でき、2本指で動かすと拡大・縮小を行うことが出来ます。
「モデル」、「背景」、「モーション」、「モデルの位置」の設定が全て完了したら最後に「保存」ボタンを押してください。

④その他の配信設定を行う
イベントやハッシュタグなどの設定方法はこちらからご確認ください。

⑤準備が出来たら、ボタンを押して配信スタート!

  • 下のモーションボタンを押すと、ピン留め設定したモーション・表情が発動します。
  • モーションの左にあるボタンより、ピン留めしていないモーション・表情も発動することが出来ます。
  • 「…」ボタン内「配信設定」より、途中で背景を切り替えたり、モデルの位置を調整することが出来ます。
  • 一部機能(カメラのオン/オフ切り替え、インカメラ/アウトカメラの切り替え、左右反転、エフェクト、エフェクトギフト)は利用不可です。

VRMファイル(3Dアバター)を用いた配信方法

①+ボタンを押す

②「V-LIVE」タブを押す

③右下のボタンより、バーチャル配信の設定を行う

④3Dボタンを押し、3Dモードに切り替える

⑤「ログイン」ボタンを押し、VRoid Hubアカウントでログインを行う

アカウントをお持ちでない方も、ログイン画面にて簡単にアカウント作成が可能です。

⑥ログイン完了後、17LIVEのアプリに戻り、モデルを選択する

モデル画面では、以下3種類のモデルがご利用可能です。

  1. VRoid Hub上にアップロードした、自身のモデル
  2. VRoid Hubおすすめのモデル
  3. VRoid Hub上でいいねをしたモデル
    • 「アバターとして使ってOK」「商用利用OK」「クレジット表記は不要」の条件を満たしたモデルのみ(添付画像参照)
    • 17LIVE上の「探索」ボタンよりVRoid Hubに移動すると、自動で上記の条件を満たしたモデルが表示されます。

▶︎VRoid Hubについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

▶︎VRoid Hubについてのお問い合わせは、17LIVEでは対応できかねますので、こちらのお問い合わせフォームまでご連絡ください。

⑦「背景タブ」から、好きな背景を選択する

※2023年10月18日追記
背景タブでは、いくつかのデフォルト画像を選択することができます。
また左下の「追加」ボタンから、お好きな背景をアップロードして使用することができるようになりました。
アップロードした背景画像は、「削除」ボタンを用いて削除することも可能です。

※同時に保存できる画像は、最大10枚までです。
※推奨サイズは720 x 1280 pxです。

⑧「モーションタブ」から、モーションの整理を行う

用意されたモーションの中から、配信中に使いやすいようピン留めする事が出来ます。

※設定画面を開いている間、モデルを1本指で動かすと位置を調整でき、2本指で動かすと拡大・縮小を行うことが出来ます。

⑨設定が終わったら保存ボタンを押す

「モデル」、「背景」、「モーション」、「モデルの位置」の設定が全て完了したら最後に「保存」ボタンを押してください。

⑩その他の配信設定を行う

イベントやハッシュタグなどの設定方法はこちらからご確認ください。

⑪準備が出来たら、ボタンを押して配信スタート!

配信画面の機能について

  • 下のモーションボタンを押すと、ピン留め設定したモーションが発動します。
  • モーションの左にあるボタンより、ピン留めしていないモーションも発動することが出来ます。
  • 「…」ボタン内「配信設定」より、途中で背景を切り替えたり、モデルの位置を調整することが出来ます。
  • 一部機能(カメラのオン/オフ切り替え、インカメラ/アウトカメラの切り替え、左右反転、エフェクト、エフェクトギフト)は利用不可です。

3Dアバター(VRM)での配信方法のよくある質問

Q. VRoid Hubのアカウントの紐づけを解除したい場合は?

A.マイページ > 連携済みアカウント > VRoid Hub > 解除する より対応を行ってください。

VRoid Hubのアカウントを切り替えたい場合は、VRoid Hubのサイトにて別のアカウントでログインした状態で、再度17LIVE上でVRoid Hubのログインを行ってください。

Q. 3Dボタンが表示されません。

A.3Dアバターを用いた配信は端末への負荷がかかるため、以下のスマートフォン機種及びOSはサポート対象外とさせていただいております。

■iPhone端末

iPhone 8+/iPhone 8/iPhone 7+/iPhone 7/iPhone 6+/iPhone 6/またはそれよりも古いモデル

■Android端末

OPPO Reno 2 シリーズ/Redmi Note 8 シリーズ/Samsung Note 9 シリーズ/Pixel 3a シリーズ/またはそれよりも古いモデル

■Android OS

Android OS 10/またはそれよりも古いOS

■OBSを用いてバーチャル配信を行う場合

①以下のマニュアルを参考に、OBS設定を行う

②「バーチャル配信」の項目で、「これは『バーチャル配信』です。」にチェックを入れる。
※この選択を行うと、アプリ内の「バーチャル配信」タブ内に表示されます。

■まとめ

17LIVEではバーチャル配信を行うライバー向けに、様々な方法を提供しています。あなたにあったスタイルで、新しいエンターテイメントに挑戦してみましょう!

また、バーチャル配信者の中で、17LIVEが定める基準を満たしたライバーは「認証Vライバー」と呼ばれ、より活動の幅を広げています。配信が楽しいな、これからももっと活動していきたいなと思った方は、こちらのフォームから認証申請を行ってみてくださいね!