■はじめに

17LIVEにおけるV-LIVER配信とは、アバターやオリジナルキャラクターを使っての配信のことを指しています。V-LIVER配信は、顔を出さずにライブ配信できたり、好きなキャラクターになりきれるといった魅力のある、バーチャルとリアルを融合させた新しいエンターテイメントです。

この記事では、V-LIVER配信に興味があるライバー(ライブ配信者)のために、V-LIVER配信の魅力と、実際の配信方法について説明します。V-LIVER配信は事前のアバター作成やPC周りの準備など、事前準備が肝心です。配信までの流れを理解しましょう!

■V-LIVER配信のやり方・特徴

 まずは17LIVEにおけるV-LIVER配信の特徴を見てみましょう。

事前にアバターを用意しよう

17LIVEのアプリ内には、アバターを作成できる機能がないため、事前にアバターを用意しておく必要があります。2Dにするか、3Dにするか、どんなキャラクターにするか、自分らしさが伝わるアバターを考え作成しましょう。

自分で1から自作すると、完全オリジナルの特別なアバターができることが魅力です。一方で様々なソフトやツールが必要になり、手間がかかってしまうというデメリットもあります。

現在では、スマートフォンアプリやブラウザツールでアバターを簡単に作成することができます。自作が難しいと感じる方は、無料でアバターを作成することが可能な「カスタムキャスト」「Facerig」などのツールを使ってみましょう。

ゲーム実況や歌配信が盛ん

17LIVEでのV-LIVER配信では、ゲーム実況や歌配信が盛んです。V-LIVER配信ではゲーム実況をするライバーが多く、盛り上がりを見せています。

V-LIVERの姿で歌を歌い、生歌を披露するライバーや他にも雑談やお絵描きなど、さまざまな配信が行われています。あなたの得意な分野で配信を楽しみましょう!

■ゲーム配信をするメリットは?

様々なジャンルのライバーとコラボできるかも!

17LIVEではV-LIVER同士だけでなく、リアルライバーとV-LIVERのコラボ配信も多くされています。特にゲーム配信では、ライバーがリアルでもバーチャルでも関係なく楽しむことができるため、コラボのハードルが低くなります。

リアルライバーのリスナーにも注目されやすい

17LIVEはゲーム専用のアプリではないので、さまざまな興味をもった、たくさんのリスナーが集まっています。コアなファンではなくても、「好きなゲームをやってるからちょっと見てみよう」と気軽にルームを訪れることができるため、たくさんの人に配信を見てもらえる可能性があります。

■V-LIVER配信の収益は?

「V-LIVER配信で収益は得られる?」「V-LIVER配信って、どのくらい収益があるの?」と、気になりますよね。

V-LIVER配信を初めて間もないライバーでも、アプリ内の月間ランキングへの上位入賞をしている事例もあります。配信の内容を工夫してギフティングがたくさん行われているライバーは、職業ライバーとしてライブ配信一筋で生計を立てることも可能でしょう。

また、アプリ内で開催されているイベントでは、リアルライバーと競い合って上位入賞しているV-LIVERもいます。V-LIVERはリアルライバーよりも人数が少ないため、V-LIVER専用のイベントでは競争率が下がり上位を狙いやすくなります。そしてイベントで上位入賞すれば、認知度が上がり収益にもつながります。

■V-LIVER配信を行う方法

スマホのミラーリング機能を使用した配信方法

V-LIVER配信では作成したキャラクターを表示させる必要があるため、「ミラーリング配信」という方法で配信を行います。ミラーリング配信とは、スマートフォンの画面をそのままライブ配信画面として表示させる配信方法です。

▶︎必要な機材
まず、必要な機材を用意しましょう。

・iOS9以上のスマートフォン(Android端末には対応していません)
・コメントを読むための端末(17LIVEを開ける端末であれば可)

▶︎配信用端末の設定
次に、配信用スマートフォンの設定をします。

▲配信用スマートフォンの設定方法

①設定を開く
②コントロールセンターから、「コントロールをカスタマイズ」をタップ
③画面収録の左側にある緑色の「+」をタップ
④ホーム画面からコントロールセンターを表示し、画面収録ボタンを長押し
⑤「17」を選択し、マイクオーディオをオンにする
⑥「ブロードキャストを開始」を選択

これで配信が開始されます。

ミラーリング配信ではスマートフォンの画面にうつるもの全てが配信されてしまいます。「おやすみモード」を使うなどして、個人情報を配信してしまわないよう、十分に気をつけましょう!   

また、ミラーリング配信端末では、コメントを読むことができません。コメントを読まずにゲームをするだけ等の配信は禁止されているので、必ず別端末を用意するようにしましょう!      

OBS Studioを使用した配信方法

17LIVEでは、無料で使える配信用ソフト「OBS Studio(以下OBS)」を使用して、PCからも配信することができます。

OBSを使用した配信手順は、以下の記事を参考にしてみてください。

■V-LIVER配信は今がチャンス!

ブラウザでV-LIVERに変身できるサービスも

V-LIVER配信には興味があるけれど、アバターを作成したり、設定が難しそうと尻込みしてしまっていませんか?近頃ではブラウザ上で3Dアバターが簡単に作成できるサービスがたくさん出てきています。

WebカメラをPCに接続して、ブラウザからURLを開くだけで3Dアバターを作成できる「Webcam VTuber」のように、無料で使えるサービスも多いので、どうしようか迷っているなら一度試してみましょう!

■まとめ

ここまで17LIVEでのV-LIVER配信について、特徴やメリットなどをお伝えしました。V-LIVER配信では、顔を出さずに自分をキャラクター化して配信することができるので、今まで17LIVEで配信したことがないという人でも挑戦しやすいのではないでしょうか?あなただけのキャラクターを作って、ライブ配信を楽しんでみてくださいね!